So-net無料ブログ作成

OS X Yosemiteをダウンロードしてみる [Tips]

昨年、OS X Mavericksがリリースされた時は、
仮想化ソフト Parallels Desktopの体験版で、
Mavericksを使っていました。

その後、Parallels Desktop 9
for Macを購入したので、
Snow Leopardの起動ディスク上に、
Parallels DesktopでMavericksを入れてましたが、
MacBook Pro(Late 2006)だと、
Parallels Desktop上では、メモリー2GBまでしか使えないので、

動きが緩慢過ぎて、ほとんど使ってませんでした。

10月17日に、OS X Yosemiteがリリースされたのを知って、
この仮想化ソフト上のMaverlcksから、
OS X Yosemiteをダウンロードしてみました。
と言っても、このMac
Book Proにインストールは無理なので、
今回は、ダウンロードして、
外付けHDDにバックアップするところまでです。

スクリーンショット(2014-10-19 10.34.00).jpg

10時35分 〜 ダウンロードし始めて、      スクリーンショット(2014-10-19 10.36.44).jpg

 

スクリーンショット 2014-10-19 10.51.22.png

10時54分で、ダウンロードは終了。
OS X インストール画面が出てくるので、 
メニューバーのOS X インストールをスクロールして、
終了させておきます。               
    スクリーンショット 2014-10-19 10.56.26.png


OS X Yosemite インストールをバックアップしたいので、
アプリケーション内の、        
スクリーンショット 2014-10-19 11.02.31.png

OS X Yosemite インストールを、        スクリーンショット 2014-10-19 11.03.31.png

外付けHDDにバックアップしておきました。
バックアップ
方法は、↓ の補足部分に書いたのと同じ方法です。
  http://fumie-mac.blog.so-net.ne.jp/2013-11-04
バージョンは、
OS X Yosemite 1.6.5でした。

スクリーンショット(2014-10-19 11.45.57).jpg

今のところ予定はないけど、新しいMacを購入することがあったら、
インストールしてみようと思います。

 


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0