So-net無料ブログ作成
検索選択

MacでWindowsXP [MacでWindowsを使う]

MacでWindowsは、まったく使う気がなかったのですが、
甥っ子が、Windows7に買い替えたとかで、
必要なくなったWindowsXP SP3の英語版ディスクをくれたので、
英語版か〜と、がっくりしたのですが、
「日本語環境で使えるよ」というので、
一度、試してみたかったBoot Campを使った、MacとWindowsXPのデュアルブートを試してみました。

Boot Campは、外付けHDでは使えない、
Mac内蔵のHDが1パーティションでないと使えないという制約があります。

Tiger+Leopard+Snow Leopardのトリプルブートは、
外付けHDDにまったく同じものを復元してあるので、
MacBook Pro本体は、1パーティションに切り直して、
外付けHDDからSnow Leopardだけ
復元して戻して)おきます。

B00.jpg

ユーティリティの中の、Boot Camp アシスタントを起動して、

 

B01.jpg

「このMacに付属の・・・」を選んで、

B02.jpg

パーティションを作成画面の、Mac OS XとWindowsの間の・を使って、

B03.jpg

Windows 側を99GBにして、パーティションを作成。

B04.jpg

この画面で、Windows XPのディスクを入れて、
読み込んでる音を聞いて、インストールを開始を押すと、

 

B12.jpg

再起動してきて、Windows Setup が始まります。

B13.jpg

C:の<BOOTCAMP>を選んでエンターキー。

B14.jpg

ここで、まちがえた。
英語が得意じゃないのに、英語版なんてインストールしてるから。。。
Format ・・・the NTFS file systemを選ばないといけないのに、
その下のConvert the ・・・を選んでしまって、
↓のようになってしまった。

  2009-01-05 Bootcamp で Windows XP をインストールする
  引っかかった場所をメモ。
  http://d.hatena.ne.jp/isogame/20090105
   このとき注意しないといけないのは、
   Bootcamp アシスタントがFAT32でフォーマットしてくれたからといって
   Windows XPのインストーラでフォーマットせずに続行すると
   エラーで止まってしまう。

   >>Press any key to boot from CD.........
   >>Disk Error.
   >>Press any key to restart.

   クイックフォーマットでもかまわないから必ずフォーマットを実行すること。

   しかも上のメッセージ、
   何かキーを押せ、再起動すっから!と言っているにもかかわらず
   押しても再起動しないたちの悪さ!

 


で、気を取り直してやり直し。
Format・・・ the NTFS file system・・・を選んで、フォーマットする。

B15.jpg

Windows 側を99GBにしたので、延々と1時間近くもフォーマットしていて、
その後、やっとインストール開始。


B23.jpg

デフォルトのWindowsXPの画面て、こんなだっけ?

B24.jpg

英語版なので、こんな状態。
ここから、甥っ子に教えてもらった通りやって、

B30.jpg

なんとか、ふだん使ってるWindowsXPの画面に近づいた。

B32.jpg

それから、右クリックの使えるWindowsのマウスを使わないと、

B34.jpg

右クリックで出てくる項目が、出てこなくて、パニクってしまう。。。

 

  英語版Windows XPの日本語化
  http://nihongopc.us/faq/2007/02/windows-xp-3.html
  青い空と
  BootCamp と Win  XP インストール記 その1  その2  その3
  http://web.mac.com/aoisora_to/iWeb/site_one/Macintosh/Macintosh.html

 


タグ:MAC
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。